本文へ移動
環境を守り、産業を支え
住みよい郷土づくりを目指して
溢れる笑顔と
明るい未来のために
私たちは走り続けます。

新着情報

高濃度PCB廃棄物の保管等の再確認・早期処分の依頼がありました(環境省→全産連→各協会)
2021-11-24
NEW
九州の特例処分期限日の令和4年3月31日までに、JESCOで処分する必要があります。

<以下、全産連メール>
正会員事務局 各位
 
平素よりお世話になっております。
 
環境省廃棄物規制課より、現在、保管等が行われている高濃度PCB廃棄物の早期の処分について各協会並びに会員事業者に対する周知の要請がありました。
本件に関する環境省の下記メールをご覧いただき、ご対応くださいますようお願い申し上げます。

 
<以下、環境省メール> 
日頃より廃棄物行政の推進に多大なる御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課です。
 
高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物について、国が中間貯蔵・環境安全事業株式会社を活用し、地元の理解と協力の下、全国 5 か所の処理施設を活用して処理が行われているところでありますが、北九州・大阪事業地域の変圧器・コンデンサー等並びに北九州・大阪・豊田事業地域の安定器及び汚染物等については既に処分期間が到来しており、残りの事業地域についても、今年度末に変圧器・コンデンサー等について、来年度末に安定器及び汚染物等について、それぞれ処分期間が到来することとなります。
 
つきましては、各都道府県協会並びにその会員の皆様に対し、別添も参照の上、自ら管理する施設において、高濃度 PCB 廃棄物の保管等をしていないかあらためて確認いただくとともに、保管等している場合は、確実かつ早期にJESCOに処分委託手続き等を行っていただくとを広報誌、メール、SNS等を用いて周知徹底していただくようお願いします。
 
何とぞご協力のほどよろしくお願いします。
 
<添付資料>
○別添1:掘り起こし調査等における高濃度PCB廃棄物・機器の発見事例(令和3年10月)
 
○別添2:計画的処理完了期限後に発見された継続保管事例(令和3年10月)
 
<参照先>
○ポリ塩化ビフェニル(PCB)使用製品及び PCB 廃棄物の期限内処理に向けて
(パンフレット)
 
○ポリ塩化ビフェニル(PCB)早期処理情報サイト(環境省ホームページ)
 
○中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)ホームページ
 
<問い合わせ先>
○PCB特別措置法又は電気事業法に基づく手続き等に関する問い合わせ先
   参照先のパンフレット12ページに記載
 
○JESCOへのPCB廃棄物の登録、委託契約等に関する問い合わせ先
   JESCO登録担当 Tel:03-5765-1935
一般社団法人
佐賀県産業資源循環協会
〒849-0921
佐賀県佐賀市高木瀬西5丁目14-1
TEL:0952-37-7521
FAX:0952-37-7522
TOPへ戻る