本文へ移動

青年部会の活動ブログ

青年部の活動をご紹介します。

令和3年7月15日 環境学習活動第11回環境学習を行いました。(武雄市立北方小学校 4年生)

2021-11-01
平成26年度から佐賀県内の小学校に出向き児童に対して行っている環境学習は、今回で11回目となりました。

【実施概要】
 日 時:令和3年7月15日(木) 8:30~ 
        9:35~座学
      10:35~体験学習
      11:30~約束の木
 場 所:武雄市立北方小学校 4年生(佐賀県武雄市北方町大字志久1389)
 参加者:青年部 16名(14社) 
 使用車両:全3台 4tパッカー車(三協環境開発)  4tクラム車(谷田建設)  13tウイング車(イワフチ) 
 取材関係:建設新聞、cable one

体験学習は、運動場に3ブースを作り各ブースを1クラスずつ回り学習してもらいました。
 

       令和3年度 環境学習参加者一覧
NO.会社名氏名
1佐賀衛研(株)清瀬 康貴
2(株)西村商会青木 大作
3(株)谷田建設谷田 将拓体験講師
4(株)谷田建設中島 康雅車両操作
5(株)三協環境開発釜崎 智徳座学講師
6(有)坂井商店坂井 賢一郎
7(株)イワフチ石橋 宏晋
8イワフチ運輸(株)山崎 敏郎車両操作
9サキンエコリサイクル(株)河原林 京平
10(有)寺崎資材工業寺崎 森
11(一財)佐賀県環境クリーン財団牧浦 達也
12佐賀環境整備(株)石橋 建三郎
13(一財)佐賀県環境科学検査協会松江 怜史体験講師
14(株)西有田土木犬塚 武夫
15(株)中原鉄工所中原 賢智体験講師
16(株)井手解体実業奥村 輝一

      14社   16名

【座学】パワーポイントを用いて授業を行い、県内の不法投棄現状など興味を持ってもらえるよう工夫して説明。
【授業風景】県内のコロナ感染者数は減少傾向にあるが、集合時の検温や学習時のマスク着用など、 感染防止対策は前年同様行い対応しました。
【4tパッカー車】ゴミの分別で入れてはいけない物などを知ってもらう事や、ごみの減量の大切さを学習。
【4tパッカー車】ごみの収集に使用する車両への投入体験や、身近に見かける作業車の危険性についても同時に学習しました。
解体現場から発生する木くずのチップ堆肥化や、瓦を粉砕して チップとして駐車場舗装などに再生利用されている事例を紹介。
【4tクラム車】解体現場で使用しているクラム車を持込み、普段身近で見る事のない働く車を見学してもらいました。
【ウィング車】段ボール・新聞・雑誌・缶・ペットボトルのプレス品を使い、リサイクル出来る物やリサイクル後の製品について説明。
プレス品の重量当てクイズやペットボトル成型前のサンプルに触れて体験。
【約束の木】今回の環境学習を受けて、児童たちが今後約束出来ることを考え葉っぱに記入し、木に張り付ける事で1本の約束の木を作成。
児童からは色々な目標が発表され、「もったいない」という言葉に関心を持ってもらうきっかけなったのではないかと感じました。
一般社団法人
佐賀県産業資源循環協会
〒849-0921
佐賀県佐賀市高木瀬西5丁目14-1
TEL:0952-37-7521
FAX:0952-37-7522
TOPへ戻る